Pocket

コロナ前から注目していた。

社長の言葉にも共感していたし、株主にアクティビストが入っていることも要因。
企業分析は過去記事があります。
http://24601.tokyo/2020/04/19/ricoh/

購入は株価の低下で決めた。
売却は2回に分けている。
2020.6.8 上昇した局面で、元芸人投資家の井村さんに従い、半分を利確。チャートを見返すとそこそこ良いタイミング。

2020.7.9 次は、マクロの動向が不透明と感じたタイミング。個別の判断はほとんどなく、あえて言えば決算発表前であった。チャートを見返すと、マクロの安定性は揺らいでいないし、決算発表で悪材料が出尽くし、上昇しており、判断ミスであったのだろう。

マクロ経済が落ち着いてきたら、また投資したい銘柄